水沢ながるさん、久々に本気を出してみました。

 私が登録している小説投稿サイト「カクヨム」。
 こちらがオープン3周年を迎えたということで、「カクヨム3周年記念選手権~Kakuyomu 3rd Anniversary Championship~」なるイベントをやっておりました。月・水・金曜日に一つのお題を出し、そのお題にまつわるお話を1200~4000字以内で投稿、締切は二日後という、書く方にとってはちょいとハードなキャンペーン。
 私はこれをやってるのに気づくのが遅れ(笑)、3つ目のお題からしか参加出来なかったんですが、久々にやってみようかと思い立ちまして、いろいろ書いてみました。
 それをこちらで紹介してみようかと。

「殺すあなたと追うわたし。」

kakuyomu.jp
 お題は「シチュエーションラブコメ」。ひねくれてるので「殺伐としたラブコメ」を目指したんですが……。
 ……これ、ラブコメか?
 ……。
 ………。
 ……………。
 ……ま、いっか! せっかく出来たんだから、出しちゃおう!
 というわけで、これが初参加作品となりました。

「紙とペンと、それから」

kakuyomu.jp
 お題は「紙とペンと○○」。○○には「運命」を入れてみました。

「紙からペンを取ってもらった話」

kakuyomu.jp
 お題は同じく「紙とペンと○○」。
 紙とペンというお題に、小説投稿サイトという場所柄、「紙にペンで文字や文章を書く」のは当然誰もが想像する。……でも、待てよ。
 別に、「紙にペンで文字を書く」必要ってなくね? 「紙の上においてあるペン」とか、「紙にペンの絵が描いてある」でもよくね? でもって極端な話、「紙の上にあるペンをひょいと取り上げる」話でもよくね?
 そう思ってしまった末に出来たのがこの話。なるべく実話っぽく仕上げようとしてます。

「王命により、しかるべき罰を」

kakuyomu.jp
 お題は「ルール」。こんな話、異世界ファンタジーじゃないと書けません。

「物語爆弾(ノベル・ボム)」

kakuyomu.jp
 お題は同じく「ルール」。すべての物語と、その作者に対するエールのつもりで書きました。

「追いかける君と殺す僕。」

kakuyomu.jp
 お題は同じく「ルール」。「殺すあなたと追うわたし。」とは表裏一体の作品です。
 前の2作が割と大きなルールの話だったので、もう少し個人的なルールの話を書いてみたくなりまして、思いついたのが「殺すあなたと~」の彼。世間のルールに外れてる一方、自分のルールにガチガチに縛られてそうな奴がいるじゃん! てことで書いたお話。
 一応、「殺すあなたと~」も含めて、自分的にはラブストーリーのつもりなんですが……。

「お湯を注いで3分間」

kakuyomu.jp
 お題は「最後の3分間」。3分間で思いつくのがカップラーメン。で、カップラーメンと言えば朝ドラの「まんぷく」。「まんぷく」がカップラーメンの最初なら、では最後は? ということで書いてみたお話。

「閉店3分前の攻防」

kakuyomu.jp
 お題は同じく「最後の3分間」。閉店間際に来る客って、正直迷惑だよね。ってことからのお話。
 ところで子供の頃に読んだ推理クイズ本に、こんなマンガ形式のクイズがありました。主人公の泥棒が豪邸に忍び込んだものの、そこの主人に見つかって捕まってしまう。相棒の機転で逃げられたが、収穫はなし。ところが翌朝、主人が「金目の物が根こそぎ盗まれた」と警察に駆け込む。さて真相は? 実は、主人と思われていたのは先に侵入した他の泥棒で、そいつが全部盗んで行ったのだった、というお話。

「卒業の日に」

kakuyomu.jp
 お題は同じく「最後の3分間」。ミステリで言う叙述トリックを目指しました。最後の一撃に全振りしてます。ので、長々とは書けません。

「つないだ手の先に」

kakuyomu.jp
 お題は「最高の目覚め」。「固有の姿を持たず、見る人によって違う人に見える死神」ってのは、実は割と以前から私の中にある概念だったりします。ただこの人、死んだ人の姿しか取れないんだよね……。

高橋智子の最高の目覚め」

kakuyomu.jp
 お題は同じく「最高の目覚め」。おかげさまで、レビュー賞ランキング4位をいただきました。
 主婦・高橋智子さんにとっての最高の目覚めですが、破滅の足音も迫っている……というイメージです。ミステリにしてあるので探偵役が必要だなと思い、「木野友則の悪意」から名探偵役が余裕でこなせる奴を連れて来ました。名前を出してないのは、ここから「木野友則の悪意」を読んでくれる人がいないかな~と思ってのことです。読んでくれた方が少なくとも一名いらっしゃいましたので、成功かな?

「ハッピーバースディ、ミツオ」

kakuyomu.jp
 お題は「3周年」。「3周年」という言葉自体に祝意があるので、めでたさつながりで誕生日のお話。3周年だから三男(みつお)です。

「3年目の夜、バーにて」

kakuyomu.jp
 お題は同じく「3周年」。祝意がある言葉だと言っといて、祝う気などほとんどなさそうな話。

「君と新しい門出の日」

kakuyomu.jp
 お題は「おめでとう」。誕生日は「ミツオ」でやってしまったので、じゃあ結婚式とか……と考えてて、どうしても星風学園演劇部員の大江賢治君と三枝次美ちゃんの結婚を書いてあげたくなりました。自己満足です。

「おめでとうございます、あなたは……」

kakuyomu.jp
 お題は「おめでとう」。○人目のお客様です!というあれです。どうやら、ガスで相手を眠らせる泥棒一味が私の作品世界に横行している模様。

「感謝を込めて、フィナーレを。」

kakuyomu.jp
 お題は「カタリ」or「バーグさん」。「カクヨム」の公式キャラクターですが、皆さん「誰それ?」状態だったという。イラストと設定しかないので、つかみどころがなくて苦労しました。
 とはいえ、最後のお題なので、何が来てもこんな感じのフィナーレにしようと企んでおりました。みんな、私の中にいるんですよ、ええ。


 もしもよろしければ、どれでもいいので読んでみてください。(感想でもくれればなお嬉しいけど)
 みんなで同じお題での競作だったので、それぞれ切り口の違うお話がたくさん読めて、楽しい企画でした。

久々に54字の物語。

帰らぬ人々

 ツイッターでの、ほんのちょっとした創作。元ネタは、「ルパンレンジャーvsパトレンジャー」の敵が使った「強制帰宅ビーム」だったりします。









手の中の宇宙

 診断メーカーのお題から、ババッと思いついて降りてきたちょっとしたお話。そもそもは二次創作のつもりでしたが、濾過して一次創作に変えました。
 それもあってなんか漠然とした話になってますが、雰囲気で読んでください。






「ゼロの覚悟」(「名探偵コナン」劇場版より)

 「名探偵コナン ゼロの執行人」の、ちょっと前に書いたこの記事を元にした二次創作です。映画のネタバレの上、自分解釈が思いっきり入っておりますので注意。

続きを読む

久々に「54字の物語」続き。

 そろそろ締切が近い。