帰らぬ人々

 ツイッターでの、ほんのちょっとした創作。元ネタは、「ルパンレンジャーvsパトレンジャー」の敵が使った「強制帰宅ビーム」だったりします。









手の中の宇宙

 診断メーカーのお題から、ババッと思いついて降りてきたちょっとしたお話。そもそもは二次創作のつもりでしたが、濾過して一次創作に変えました。
 それもあってなんか漠然とした話になってますが、雰囲気で読んでください。






「ゼロの覚悟」(「名探偵コナン」劇場版より)

 「名探偵コナン ゼロの執行人」の、ちょっと前に書いたこの記事を元にした二次創作です。映画のネタバレの上、自分解釈が思いっきり入っておりますので注意。

続きを読む

久々に「54字の物語」続き。

 そろそろ締切が近い。

「名探偵コナン ゼロの執行人」(立川譲監督)

www.conan-movie.jp

 実は公開日当日に観に行って、今日二回目の執行だったわけですが。
 脚本の櫻井武晴さんが本領発揮しまくって、「相棒」でもやれそうな本格的公安警察ストーリーで、二回見てもやっぱり面白い。「子供には判らないんじゃないか」という声もあるけど、特撮番組にだって一般ドラマと同じような演出・脚本で背伸びが必要な「仮面ライダークウガ」なんて作品があるんだから、全然大丈夫でしょ。
 二回目だと、前回より細かいところに目が行ったりしますね。風見さんが毛利探偵事務所を捜索してる時、ちらっと赤いスマホを持ってるのが見えたり、ストーリーが頭に入ってる分各キャラの心の動きとかが見えたり。ていうか一回目でも思ったけど、風見さんが毛利のおっちゃんを逮捕するシーン、見事なまでの転び公防だな!
 安室さんてか降谷さんが全体的にかっこいいし、ポイントとなる様々なシーンがそれぞれとても美しいんですよね。夜明けの電話ボックスとか、雨の日比谷公園とか、日本橋の密談とか。
 以下、ネタバレあり。ちょっとした推察(妄想?)です。

続きを読む

「54字の文学賞」その4。




「54字の文学賞」その3。

 さらに続き。


 どうやら本人に自覚はない。




 猫の下僕多数。



 誰も知らない。